視能訓練士になりたい!自分に合った学校の選び方

ロゴ
HOME>Column>視能訓練士になって困っている人の力に!まずは学校で学ぶことが大事

視能訓練士になって困っている人の力に!まずは学校で学ぶことが大事

男女

通いやすさや授業のスタイルをチェック

『視能訓練士になって目のことで困っている人の助けになりたい』という考えがあるのなら、まずは養成学校に通って、サポートをするための知識を学びましょう。厚生労働大臣が指定した養成所に通わなければ、視能訓練士になるための国家試験を受験することすらできません。なお、視能訓練士のための養成学校には、大学と短大と専門学校がありますので、通学のしやすさやカリキュラムによって決めるとよいでしょう。通学状況は周辺マップや交通情報を調べれば簡単に知ることができますし、カリキュラムは公式サイトや資料を見れば確認することができます。最低三年間(二年制の短大の場合は他の養成所にさらに一年間)も通う必要がありますので、挫折しないように、しっかりとした学校選びをしましょう。

メンズ

卒業後のサポートがあるかどうか

視能訓練士を必要とするところはたくさんありますが、就職先がどのような医療施設でもよいとは考えないでしょう。そのため、多くの医療施設から自身が視能訓練士として働きたいところを選びたいのなら、卒業後の就職サポートがある学校を選ばなければいけません。そのようなサポートがある学校なら、多くの就職先を紹介してくれますので、理想の職場で目のトラブルに困っている方の手助けができるでしょう。なお、卒業後にある国家試験に合格できなかったときも、サポートをしてくれる学校もあります。この制度は専門学校に多いので、視能訓練士の国家試験が難しく感じてしまうのなら、合格できるまでサポートしてくれるところを選びましょう。合格できなければ、視能訓練士として働けないため、不合格後の受験対策はとても大切だといえます。