臨床工学技士を目指す理由【魅了が多い職種の一つ】

ロゴ

国家資格である臨床工学技士とは?

臨床工学技士という言葉を聞いたことがありますか。臨床工学技士とは具体的に呼吸療法業務や人工心肺業務など、患者さんの命に係わる重要な現場にいます。この臨床工学技士という資格は国家資格なので厚生労働省認可の専門学校やスクールへ通い、専門的な知識や技術を身に着けて国家試験に合格しなければ医療現場に立つことができません。

臨床工学技士が活躍する職場3選

男の人と女の人

一番多いのは病院

臨床工学技士が一番活躍できるのは病院やクリニックです。国立病院や地方病院など幅も広く、透析業務や人工呼吸器業務など自分がどの業務を担当したいかによっても就職する病院が異なります。透析だけを行っているクリニックも就職先としては人気です。

一般の企業

医療機器を取り扱っている総合商社に専門商社や医療機器専門メーカーなどの一般的な企業へ就職する人がいます。基本的には営業で外へ出ることが多かったり、製造開発業務や研究職について商品に関する研究をしたりする人もいます。

教育現場での活躍

中には学校で教育者となって活躍をする臨床工学技士もいます。新卒で採用されることはあまりないのですが、最低でも3年間しっかりと現場で経験を積んだ人、博士号を取得している場合は臨床工学技士の養成学校の講師になれます。

臨床工学技士の仕事の魅力

臨床工学技士の最大の魅力は、チーム医療の一員となって医師や看護師とともに患者さんのサポートをする事が出来るということです。最先端の医療機器に触れられるという最大の魅力もあり、高度な技術をもった臨床工学技士がどんどん増えていっています。努力次第で教育者や研究職や様々な道を切り開いていくこともできます。

臨床工学技士と臨床検査技師の違い

臨床工学技士

臨床工学士は医師の指示に従って作業をおこなっていきます。主な作業内容が人工透析装置や人工透析装置などの装置を扱い、生命の維持に関する大切な機器の取り扱いや安全に正しく機械が使えるか保守点検を行っていきます。

臨床検査技師

臨床検査技師は医師の指示で患者さんの臨床検査を行います。臨床検査技師の仕事は尿検査や血液検査などの検体検査に心電図検査や呼吸器検査などの整理機能検査などを行います、以前は医師が行っていましたが、今は作業の分担化で専門職のスタッフが行います。

臨床工学技士の働く場について【活躍の場が多数】

ウーマン

臨床工学技士を目指すなら専門学校に進学しよう!

今、医療ドラマの人気もある事から医療関連の仕事を目指す若者が増えています。特に震災以降、医療関連の仕事に注目が集まっており、人の命に係わる仕事を目指す若者が増えています。その中で臨床工学技士も医師の指示に従い、患者さんの人工心肺業務や人工透析装置などの使用や機材の保守点検など重要な業務を行います。臨床工学技士になるには厚生労働省認可の専門学校に進学する必要があります。一方、人々の暮らしを支える人気の高い資格としては、社会福祉士が挙げられます。社会福祉士とは精神や身体にハンディキャップを抱えている人が社会で問題なく暮らせるようにアドバイスをする相談員としての役割を果たします。これも国家資格であるため、専門の学校などで知識を身につけた上での試験合格が必要となります。

人気の臨床工学技士になろう